中国地方1月【経済情勢】

~中国財務局まとめ〜

 

いつも弊社サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

中国財務局が中国地方1月の経済情勢を発表しました。

景気判断『緩やかに回復しつつある』とし4回の判断で2期続けての据え置きです。

 

財務局雇用や所得が改善する中で緩やかな回復が続く』と見通す一方『世界的な金融引き締めや、中国経済の先行きへの懸念が景気を下押しするリスクもある』と指摘しています。

 

▼個人消費『緩やかに回復しつつある』

┗ 百貨店販売・家電販売:低調、前年を下回っている

┗ ドラッグストア販売・スーパー販売:好調、前年を上回っている

┗ 乗用車販売(新車登録・届出台数):好調であり、前年を上回っている

 

▼生産活動 『緩やかに持ち直しつつある』

┗ 電気機械:中国の景気回復の遅れなどから減少

┗ 鉄鋼:海外向けの需要が低調なことから減少

┗ 輸送機械:半導体不足の改善などから増加

┗ 化学:インフラ向け樹脂原料などの需要が堅調であることから増加

┗ 汎用・生産用・業務用機械:食料品向けの需要が堅調であることなどから増加

 

▼雇用情勢『持ち直している』

┗ 有効求人倍率は、引き続き高水準で推移。新規求人数は、前年を下回っているものの、ほぼ横ばいで推移している。

 

▼設備投資 『5年度は前年度を上回る見込み』

┗ 製造業:「その他製造業」などで減少するものの、「自動車・化学」などで増加することから、全体では前年度を上回る見込み

┗非製造業:「小売」などで減少するものの、「電気・ガス・水道業」「運輸、郵便」などで増加することから、全体では前年度を上回る見込み

 

各県の総括判断

 

【広島 求人 正社員】

【広島 求人 転職】

【広島 求人 パート・アルバイト】

 

CONTACT

お問い合わせ

有限会社週刊求人社へのお問い合わせはこちらから

このサイトを共有する