中国地方7月【地域経済報告】

~日銀広島支店調べ~

 

いつも弊社サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

中国地方7月の地域経済報告は、景気の基調判断を『緩やかな回復基調にある』とし、14月の前回判断を据え置いたと発表

 

<各論>

1.需要項目別動向

公共投資 ➔ 高水準で推移

輸出 ➔ 横ばい圏内の動き

設備投資 ➔ 増加

※6月短観(中国地区)における 2024 年度の設備投資は、前年を上回る計画となっています。

個人消費 ➔ 緩やかな回復基調

・百貨店売上高 ➔ 横ばい圏内の動き

・スーパー売上高 ➔ 、物価上昇の影響を受けつつも、底堅く推移

・コンビニ ➔ 緩やかな回復基調

・家電販売 ➔ 弱めの動き

・乗用車販売 ➔ 弱い動き

・旅行取扱額 ➔ 回復基調

住宅投資 ➔ 弱めの動き

 

2.生産

生産(鉱工業生産)➔ 横ばい圏内の動き

<主要業種別>

・化学 ➔ 弱めの動き

・自動車 ➔ 横ばい圏内の動き

・汎用・生産用・業務用機械 ➔ 横ばい圏内で推移

・電子部品・デバイス ➔ 高水準で推移

・鉄鋼 ➔ 横ばい圏内で推移

 

3.雇用・所得動向

雇用・所得環境 ➔ 全体として緩やかに改善

 

4.物価

消費者物価(除く生鮮食品)➔ 前年を上回る

5.企業倒産

企業倒産 ➔ 増加

6.金融情勢

預金動向 ➔ 前年を上回る 貸出動向 ➔ 前年を上回る

 

 

--

求人情報サイト:広島求人.com

 

広島県不動産DI調査【上期】

広島県不動産鑑定士協会まとめ(2024年4月実施)

 

いつも弊社サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。

広島県不動産鑑定士協会が、年2回実施している広島県不動産の景気動向アンケート調査をまとめました。

 

地価動向前期

 

 

住宅地 +30・310月の前回調査から1.2㌽UP
広島市都心・廿日市市・安芸郡4町・福山市が改善傾向。特に福山市は駅周辺のマンション販売が好調であることを背景にマイナスからプラスへと改善となりました。呉市・尾道市・三原市は再びマイナス傾向へと悪化しました。

商業地 +35・010月の前回調査から0.5㌽UP
広島市都心・旧市内・廿日市市・安芸郡4町・福山が改善傾向。福山市は前回のマイナスからプラスへと改善しました。一方、呉市・三原市・尾道市は依然マイナス傾向が続いています。

〈都心〉 中区
〈旧市内〉 東区、西区、南区
〈新市内〉 安佐北区、安佐南区、安芸区、佐伯区
〈安芸郡4町〉 府中町、海田町、熊野町、坂町

 

賃貸市場前期

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産取引前期

 

【調査期間】R5.10.1~R6.4.1の市場実感(県内の不動産業者267社に聞き、160社(59.9%回答)

【不動産D.I.】=(上昇又は増加の回答社数割合)-(下落又は減少の回答社数割合)

 

---

求人情報サイト:広島求人.com

 

高校生向け、合同企業説明会は3か月前倒しで開催

広島労働局など

 

いつも弊社サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

卒業後の就職を考えている広島県内の高校生に、地場企業の特徴を伝える合同企業説明会が広島市南区の県立広島産業会館で開催されました。

例年、就職先が決まっていない3年生向けに10月に開催するそうなのですか、人手不足を背景に多くの企業が9月中に内定を出している実情を踏まえ、

3か月前倒ししたそうです。

 

県内に拠点を持つ製造業や小売業など75社が参加。担当者が2・3年生計約160人に自社の強みや仕事のやりがいなどを説明したとの事。

 

合同企業説明会は、12日午後0時半~4時半には広島県福山市三之丸町の『福山ニューキャッスルホテル』でも同様の説明会を開き、

約50社が参加を予定となっているそうです。

 

 

--

求人情報サイト:広島求人.com

 

6月 広島都市圏の業況判断指数 (D.I.)

~広島商工会議所まとめ~

 

いつも弊社サイトをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

広島商工会議所より6月広島都市圏の企業の業況判断D.Iが前年同月比5月の▲6.8から2.7㌽上昇4.1と発表。

 

製造業 ➡ 5月の▲2.0から横ばいに推移

業種別:機械・金属製品、合成樹脂・ゴム製品は上昇↑、食品、自動車関連は下降↓、木材・木製品、紙・紙製品・印刷は横ばい

 

非製造業 ➡ 5月の▲10.4から4.8㌽上昇↑▲5.6となった

業種別:建設業、生産財・資本財卸売業、サービス業は上昇↑、消費財卸売業は下降↓、小売業はほぼ横ばい

 

広島商議所賃上げに伴う労務費などが吸収できず採算が悪くなっているのではないかとしています。

 

【7月~9月の先行き見通し(対6月比)】

総合DI  0.0(前回予測 ▲1.7)、製造業全体 ➡  0.0(前回予測 0.0)、非製造業全体 ➡  0.0(前回予測 ▲3.0

 

※5月下旬調査 129社【回答 121社、回収率 93.8%】

※DI(Diffusion Index)➡前年同月より景気が「良い」とする企業の割合から「悪い」とする割合を引いた値

<調査内容>景況のほか、生産額・売上額など10項目についての状況(DIを集計)

      ①令和6年6月を前年同月と比較

      ②令和6年7月~9月の先行き見通しを令和6年6月と比較

 

--

求人情報サイト:広島求人.com

 

建設・運送業界 働き手不足

外国人に期待

 

いつも弊社サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

●某工事現場で、某建設会社(東区)で働く“外国人労働者”は2月に来日したばかり。

社員は親しみを込めて『あだ名』で呼び、測量の仕方や道具の名前などを教えています。

「(崖崩れなどを防ぐ)擁壁の施工方法を習得し、日本でずっと働きたい」。外国人労働者は顔を輝かせています。

●建設業は厳しい仕事というイメージがあり、敬遠されがち。

某建設会社は毎月第2土曜を一斉休業とするなどイメージ改善に取り組むが、採用は苦戦。

同建設会社社長は「10代、20代は建設業というだけで就職の選択肢に入れてくれない」と思いを吐露されています。

●人手不足を背景に外国人労働者の受け入れは急激に加速。

厚生労働省によると、中国地方の建設分野で働く外国人は23年10月末時点で8千人

15年10月末の55

さらに、建設業は4月から時間外労働(残業)の上限規制が適用され、人手が足りず工期が遅れかねない「2024年問題」も危惧されます。

労働力として、企業を支える人材として、外国人のニーズは高まる。

今年2月来日した“外国人労働者”の在留資格は、専門スキルを持ち、長期就労が可能な「技術・人文知識・国際業務」となります。

同建設会社社長は将来的には現場監督として施工管理を任せることも考えており、「やる気があり、一緒に働き続ける仲間意識を築けるならば、日本人でなくても構わない」と断言

●建設業と同様に24年問題を抱える運送業も、外国人労働者長期就労への期待が高くなっています

政府は3月の閣議で、人手不足の分野で一定の技能がある外国人労働者与えられる在留資格特定技能1」の対象に、自動車運送業など4分野追加方針として決定。

特定技能1取得すれば、最長5年間働ける

●政府の動向を受け、某物流会社(東広島市)は早くも動き出しました。

外国大手財閥グループと提携。

当面は倉庫作業員の採用予定だが、特定技能1自動車運送業追加されれば運転手の確保に乗り出す予定

●外国大手財閥グループは日本語学校や物流会社を抱え、現地で語学や運転研修などが環境も恵まれている。

某物流会社(東広島市)も年内には現地に支店を出し、情報交換を行う予定。

某物流会社社長は「外国人の運転手がスムーズに働ける体制をつくりたい」と意気込んでいます。

●国の制度変更に伴う24年問題で、人手不足に拍車がかかる建設業と運送業

外国人労働者の長期雇用は解決策の一つではあるが、小さい事業者になるほど受け入れの体制や手続き、人材育成などの負担大。

●某大学教授は「外国人は言葉や日本の慣習に慣れなければならず、即戦力として期待するのはハードルが高い、行政が外国人労働者の養成を支援することも必要なのでは」と指摘されています。

<下記画像↓:中国新聞デジタルより引用>

中国地方建設分野で働く外国人

 

--

求人情報サイト:広島求人.com

 

中国地方6月DI、2期ぶり上昇

~日銀広島支店まとめ〜

 

いつも弊社サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

中国地方の月の短観によると、全産業の業況判断指数(DI)は+16で、3月の前回調査から3㌽上昇↑、上昇は2四半期ぶりと発表がありました。

製造業で自動車の生産や半導体の需要が回復し、販売価格の引き上げも進んだとの事。

中国地方の業況判断指数(DI)

 

【業種別】

製造業:+11で7ポイント上昇↑、15業種中8業種で上がっています。

繊維や食料品 ➔ 新型コロナウイルス禍からの外出機会の増加で上向き

木材・木製品 ➔ 販売価格の引き上げで、+15と53㌽アップ

自動車 ➔ +18で24㌽上がった

※マツダが自動車の「型式指定」の認証不正問題で国土交通省から出荷停止の指示を受けた影響について※

支店長:出荷停止が2車種と限定的で、下押しの影響はあるが景況感を悪化させるほどではなかったと説明しています。

 

非製造業:+21で1㌽改善、12業種中5業種で上がっています。

悪化したのは小売りだけで、物価高による節約志向や人件費、物流費の高騰が響いています。

 

【地域別】

広島 +21で4㌽上昇、山口 +16で1㌽・岡山 +16で2㌽・山陰 +11で5㌽それぞれ改善

 

9月の中国地方の全産業DI+14と2㌽悪化を予測非製造業で先行きに不透明感があることを織り込んだ

 

5月29日~6月28日:765社中763社(99.7%)回答

調査対象企業数および回答状況

 

--

求人情報サイト:広島求人.com

 

【中国地域の景況感 (D.I.)】 5月調査

~中国経済連合会まとめ~

 

いつも弊社をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

中国経済連合会より5月中国地域の企業の景況感(D.I.)が前回比0・5と発表されました。

DIがプラスに転じるのは2019年5月調査以来5年ぶり。2月の前回調査から1.3上がり2期連続改善です。

中経連は「賃金の上げ幅のトレンドは1段落上がったが、資本金が少ない企業の中には無理をして賃上げをしたところもあるかもしれない」としています。

 

製造業➡+10・8前回比+11.6観光・インバウンドの増加により改善

非製造業▲18・4前回比▲12.2原材料・資材・原油価格の上昇により悪化

 

【景況感が良いとした回答要因】
1位 設備投資の増加 58.3% 
2位 個人消費の回復 36.1%・企業収益の回復 36.1%・観光・インバウンドの増加 36.1%

【景況感が悪いとした回答要因】
1位 原材料・資材価格の上昇 80.0% 
2位 企業収益の悪化 37.1%・原油価格の上昇 37.1%

 

【価格転嫁】

製造業➡ 価格転嫁できている79.7% 特に製造業では「原材料・資材価格」について価格転嫁が進んでいます

非製造業価格転嫁できている 61.9%

 

【賃金動向】※「実施」:「実施」+「実施予定」

正社員「実施」89.4%〔前回比+27.2〕

非正規社員「実施」51.6%〔前回比+16.5〕「わからない,未定」38.2%〔前回比▲17.6〕

 

【先行き】2、3か月後)は±0〔現状比▲0.5〕製造業▲10.8〔同+7.6〕非製造業+9.1〔▲1.7〕建設業▲9.0〔同▲9.0〕と,見通しが分かれました。現在と先行きの景気動向について「どちらともいえない」と回答した割合も多い結果となっています。

 

※5月1日~28日調査【会員企業708社に調査229社(32.3%)回答】

※DI(Diffusion Index)前年同月より景気が「良い」とする企業の割合から「悪い」とする割合を引いた値

--

求人情報サイト:広島求人.com

 

外国人労働者、10年で2.6倍に

各労働局まとめ

 

いつも弊社サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

中国地方で働く外国人材の存在感が高まっているそうです。各労働局のまとめでは、中国地方の外国人労働者は

昨年10月末時点で87580人と、10年前の2.6倍に増えました。

44093人と約半数を占める広島県は、都道府県別で12位、在留資格別では技能実習が6位、特定技能の造船関連分野では全国トップとなっています。

 

<下記図↓↓:中国新聞デジタルより引用>

中国地方の外国人労働者数の推移外国人労働者の総数・他

 

【業種別】

製造業が36707人と最多で、5県全体の41.9%を占めている

広島県は19549人と全国9

卸売り・小売業が12048人、サービス業が8380人、建設業が7997

 

【在留資格別】

技能実習が最も多く、34496人と全体の39.4%を占めており10年前の2.3となっています。

即戦力の外国人を受け入れる特定技能は8454人と前年同期の1.9

広島県 ➡ 技能実習が17204人で6特定技能が4634人で9

特定技能の分野別では、造船・舶用工業が1774人で1位と突出し日本全体の3分の1を占めています。

漁業は231人で北海道に次いで2

 

【国・地域別】

東南アジアが最も多いが、最近は国によって増え方に変化が出ているようだ。

  • ベトナム ➡ 32239人( 8.2%増↑)と最も多い
  • フィリピン ➡ 11478人( 15.9%増↑
  • インドネシア ➡ 8478人( 59.8%増↑

ネパールやミャンマーも伸びており、中国は12834人で2.4%っています。

 

---

求人情報サイト:広島求人.com

 

警備人材確保

四苦八苦

 

いつも弊社サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。

■人手不足が深刻となっている広島県内の警備業界、斬新なアイデアで担い手を確保する事業者が出現。

■競技人口の多い卓球部を新設して若い人材採用するほか、高齢化社会を踏まえてシニア世代積極的に採用する警備会社も。

■某警備会社(広島市西区)では昨年4月、社内に卓球部を新設。

■同12月に日本卓球リーグに加盟し、20~50代7が所属。

某警備会社社長も学生時代、卓球に打ち込まれたお一人。

広島県内に卓球チームのある企業が少なく、競技を続けたい人を取り込もうと考案。

■効果は上々。

初の新卒として今春入社した4のうち3名卓球志望動機に挙げたといいます。

某警備会社社長は「想像以上の反響。体力や協調性が身に付き、仕事との相性も良い」とおっしゃっておられます。

■別某企業では(同)は70歳以上入社歓迎をしています。

20人余りいる従業員の大半が6070代、工事現場や自治体の施設の警備で活躍。

体への負担が大きい高速道路や夜の勤務は請け負わないとしています。

■こちらの社長も70歳。3年前まで市内の別の警備会社を経営、「自分と同じ高齢者の働く場を広げよう」と一念発起され、昨夏に今の会社を興されました。

「60代以降は求人が少ない。健康寿命を延ばし、人手不足の解消にもつなげたい」と語られています。

障害のある人を積極的に採用する事業者もある。

■某セキュリティー企業(中区)では従業員の44%に当たる10人障害者手帳を所持。

社内には仕事や生活を支える専門の相談員が従事し、警備先の企業と掛け合い、座ってできるよう配慮した現場もあるとのことです。

ペースメーカーを装着し、障害等級1級の某氏は、広島国際会議場(中区)の施設警備隊長として約10人の部下を率いる。

「ペースメーカーの交換時は休みが取れる。不安なく働ける環境がありがたい」と感謝を口にされています。

■広島労働局によると、広島県の職業別の有効求人倍率(フルタイム)は4月、全11職のうち警備業を含む保安職業従事者が8・61倍最も高かった

全職種平均(1・34倍)の64倍に上ります

人手不足の背景には、『仕事がきつい』というイメージと高齢化が定着。

労働局は「人材の確保と定着のため、働きやすい環境の整備がとりわけ重要」としています。

--

求人情報サイト:広島求人.com

 

60代の採用活発化

経験豊富な即戦力

 

いつも弊社サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

●先日、広島県内の企業で、60代の人材を採用する動きが活発になっている様子です。

産業雇用安定センター広島事務所(広島市中区)が支援した60歳以上の再就職者数は、2023年度過去最多となった模様です。

●少子高齢化と人手不足を背景に、定年退職年齢引き上げる企業相次いでいます
●某保険会社に勤めていた某氏は、広島事務所の紹介で大手ビルメンテナンス業に再就職して1年経過します。

●かつて某保険会社での経験を買われ、けがをしやすい作業や環境の改善を担う役割をされています。

●前職は65歳まで働けたが、70歳まで働こうと2年前に退職され、「これまでの経験も生かせて充実している」と表情がやわらぐ。
大手ビルメンテナンス業は「滑り止めを付けるなどして安全性が高まった現場も多い」と某氏を評価。

●新卒採用が競争激化で難しくなる中、広島事務所の紹介で、これまでに60代10人採用
産業雇用安定センター厚生労働省の外郭団体。雇用保険の受給者を「即戦力」とし、再就職移籍を支援します。

●対象を60歳以上に絞ったキャリア人材バンク事業を16年度に開始。

初年度に1人だった広島事務所での再就職者は、23年度に最多の155人に増えた。
●企業も定年を延長するなど社内制度を見直しを検討しています。

●地場流通大手企業(東区)は60歳定年来春から毎年1年ずつ延ばし、将来は65歳にする方針。

●広島発祥某お菓子メーカー(東京)は4月、高度なスキルを持つ人材や、ノウハウの継承に貢献する管理職を対象に65歳過ぎて働けるように変更。

報酬定年時や現役の水準に引き上げ
●就職情報会社によると、40代以上求人に特化したサイトでは、求人の約8割が60代歓迎

●3月、60代向け求人数は約37300で、2年前の約5に倍増。
政府は労働力や社会保障制度の担い手を増やすため、高齢者の就労を推奨している。

21年に改正高年齢者雇用安定法を施行し、70歳までの就業機会の確保を企業の努力義務としています。

 

60歳以上再就職者数

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

--

求人情報サイト:広島求人.com

 

CONTACT

お問い合わせ

有限会社週刊求人社へのお問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
このサイトを共有する