【中国地域の景況感 (D.I.)】2023年11月調査

~中国経済連合会まとめ〜

 

いつも弊社をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

中国経済連合会より中国地方の企業景況感(DI)▲2.5と発表されました。

8月の前回調査から1.3㌽下がり、5期ぶりの悪化です。

中経連:原材料費の高騰や人手不足が主な要因だが『大きな流れとしては改善傾向が続いている』とみています。

 

製造業:▲10.8で1.4㌽悪化

非製造業:+1.2で1.0㌽下がったが、前回調査同様プラス値を維持しています。

 

【11月現在の景況感】

景況感DI(「大変良い+良い」割合-「悪い+大変悪い」割合)は▲2.5(前回比▲1.3)と悪化し、依然としてマイナス傾向が続いています

製造業▲10.8(前回比▲1.4)と悪化

非製造業+1.2(前回比▲ 1.0)と悪化したもののプラスを維持

先行き(2~3ヶ月先)の景況感DIは、▲5.8(現状比▲3.3)となっている

製造業▲14.9(前回比▲4.1)非製造業▲1.8(前回比▲3.0)と、ともに悪化する見通し

※先行きの景気動向について,「どちらともいえない」と回答した割合も多い。

 

【景況感が悪い要因】

  1. 原材料・資材価格の上昇 73.2%(前回比▲3.0)
  2. 原油価格の上昇 46.3%(前回比▲3.7)
  3. 企業収益の悪化 39.0%(前回比+8.0)

※製造業・非製造業ともに「原材料・資材価格の上昇」が最も多く、他の項目に比べて著しく割合が大きい

製造業 81.3%(前回比▲11.6)

非製造業: 68.0%(前回比+0.1) ※特に非製造業では「労働力不足(36.0%)」も割合が多い

 

【先行き(2~3ヶ月先)の景況感が悪いとしている要因】

  1. 原材料・資材価格の動向 59.1%(前回比▲23.8)
  2. 個人消費の動向 45.5%(前回比+8.4)
  3. 原油価格の動向 43.2%(前回比▲13.9)

製造業:「原材料・資材価格の動向(81.3%)」(前回比▲5.4)が最も多い

非製造業:「労働力不足(50.0%)」(前回比+20.0)が最も多い。 

※「労働力不足」については,特に非製造業で著しく増加(前回30.0%今回50.0%) 

 

【2023年利益見通し】

・2023年度の利益見通しについては,「増加」が36.3%、「横這い」が35.4%、「減少」が28.3%

※利益判断BSI(「増加」割合-「減少」割合)は+8.0前回比▲0.7)と増益を見込んでいる

・製造業は「増加」が44.6%、「横這い」が32.4%、「減少」が23.0%

※利益判断BSIは+21.6前回比+13.6)となっており、増益予想とする企業が大幅に増加

・非製造業は「増加」が32.5%、「横這い」が36.7%、「減少」が30.7%

※利益判断BSIは+1.8前回比▲7.2)となっており、増益予想とする企業が減少

 

 

調査は11月1~27日、会員企業を中心に714社に聞き、243社(34・0%)が回答

※DIは景気が「大変良い」「良い」とする企業の割合から「大変悪い」「悪い」とする割合を引いた値

 

広島 求人 正社員】

【広島 求人 転職】

【広島 求人 パート・アルバイト】

 

広島にお住いの皆さん、広島の転職、バイト/パートなど広島でのお仕事探しは、 地域密着の求人情報【広島求人.com】でお探しください!

 

CONTACT

お問い合わせ

有限会社週刊求人社へのお問い合わせはこちらから

このサイトを共有する