3月 広島都市圏の業況判断指数 (D.I.)

~広島商工会議所まとめ~

 

いつも弊社サイトをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

広島商工会議所より3月広島都市圏の企業の業況判断D.Iが発表されました。

前年同月比2月の▲1.7から1.7㌽上昇↑±0となり、改善は2か月連続です。訪日客の増加などで街に活気が戻りつつあるとみています。

 

製造業 ➡ 2月の▲4.0から2.0㌽上昇↑し、▲2.0となった

業種別:機械・金属製品、合成樹脂・ゴム製品は上昇↑、自動車関連は下降↓、食品、木材・木製品、紙・紙製品・印刷は横ばい

 

非製造業 ➡ 2月の0.0から1.4㌽上昇し、1.4となった。

業種別:小売業は上昇↑、消費財卸売業は下降↓、建設業、生産財・資本財卸売業、サービス業は横ばい

 

広島商議所新しいサッカースタジアムも完成し、街に活気が生まれて消費を押し上げている。ただ物価上昇で客単価はまだ伸びていないとしています。

 

【4月~6月の先行き見通し(対3月比)】

総合DI  0.8(前回予測 ▲4.1)、製造業全体 ➡  2.0(前回予測 ▲8.0)、非製造業全体 ➡  0.0(前回予測 ▲1.4

 

※3月下旬調査 130社【回答 121社、回収率 93.1%】

※DI(Diffusion Index)➡前年同月より景気が「良い」とする企業の割合から「悪い」とする割合を引いた値

<調査内容>景況のほか、生産額・売上額など10項目についての状況(DIを集計)

      ①令和6年3月を前年同月と比較

      ②令和6年4月~6月の先行き見通しを令和5年1月と比較

 

--

求人情報サイト:広島求人.com

 

CONTACT

お問い合わせ

有限会社週刊求人社へのお問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
このサイトを共有する